スポンサーサイト

2015.07.16 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

category:- | by:スポンサードリンク | - | -

永江一石氏の弘兼憲史氏に対するフォローが的外れな件。お父さんがモーレツ社員だって子供は増えない。

2015.06.26 Friday 00:01
JUGEMテーマ:少子化問題

弘兼憲史氏に対する炎上批判が的外れな件。お父さんがモーレツ社員なほうが子供は増える!!
2015年6月25日 永江一石のITマーケティング日記
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=20669

戦前に出産し終えた世代は平均で5人程度子供を産んでいます
出産をしない人が1割程度いますが4人以上子供を産む人が3分の2です
その4人以上子供を産む人の平均は7人子供を産んでいる計算になります

しかし戦後に出産した世代(昭和2桁以降)では2人出産する人が5割を超え平均が2人程度と激減します
これは食糧難の連合国軍占領下で合法化された経済的事由での人工妊娠中絶が最大の要因で出生率の50%を超える中絶の時期が長く続きます
つまり戦後のモーレツ社員達は子沢山ではなくモーレツ社員の親世代が子沢山であり少子化の理由も全く別にあります

それは人工妊娠中絶、避妊具の普及、子育ての経済的負担の増大です
なので現代人がモーレツ社員になったところで人口は回復しません
だから2人程度しか産まない女性に労働力の担い手になってもらい夫婦で稼ぐことで収入を確保しつつ一人当たりの労働時間を削減して生活の質を向上させるというのが今の政策なのです


弘兼憲史氏の問題はまた別の話で、個人の価値観を他人に押し付けていることです
彼の価値観に添う政策を提案するのであれば然程の反発はなかったでしょう
個人のイデオロギーでしかないものを部下に強要しようとする姿勢が人間性として問題があるので炎上してしまっただけです
category:社会 | by:faijfheaocomments(0) | -

スポンサーサイト

2015.07.16 Thursday 00:01
category:- | by:スポンサードリンク | - | -
Comment








   

QLOOKアクセス解析