スポンサーサイト

2015.07.16 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

category:- | by:スポンサードリンク | - | -

財閥解体したはずなのに雇用者の労働の価値が相対的に下がってきている

2015.07.02 Thursday 00:00

億万長者が金持ちではなくなった米国の異常
2015年06月30日 JB PRESS
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44172

お金の存在価値は労働の対価を保存可能にし信用を用いることで物々交換以外の売買を可能にしました
そしてお金の価値は需要と供給に応じて変化する相対的な価値です
つまり信用は人々と国との間で成立しているのでお金を使わない人々や別の通貨を発行することで現在のお金の価値を暴落させることも出来ます

貧富の差が広がり続ければそういう選択をする人々が続々と誕生するのは確実です

お金がお金を生み出すシステムが出来たことで貧富の差は戦争以外の時期は常に広がることになりました
世界人口の1%が世界の総資産の48%を持つという歪みは現在の資本主義システムでは広がり続ける宿命なので後世で必ず破綻しまたリバウンドするというサイクルが訪れます
それが戦争なのか格差是正の税制世界一斉改正なのか他に手段があるのかは分かりませんが戦争でなければいいなと思います
category:つぶやき | by:faijfheaocomments(0) | -

スポンサーサイト

2015.07.16 Thursday 00:00
category:- | by:スポンサードリンク | - | -
Comment








   

QLOOKアクセス解析